1/01/2017

Hermeto Pascoal e Grupo Tshirt

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。


年も変わらぬお付き合いのほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


皆様にとって幸多き一年になりますように。


と、年頭の挨拶のふりをした告知になります。

来る1/7-8、ブラジル音楽界の重鎮、楽聖・変態変拍子プログレ大魔神エルメート・パスコアール翁が6年半ぶりに来日します。
前回の来日に続き今回も会場限定Tシャツのデザインをさせていただきました☆
 

大概どんなお仕事も生かしてもらっている感謝と共に楽しんで描かせてもらってますが、ごくたまにテンションぶち上がるお仕事が有りまして、今回のTシャツデザインはまさにそれです!(前回のメデスキも)
モチーフは“とぐろを巻いた蛇の上に亀が乗って、亀の甲羅に象が三頭で大地を支えてる”あの宇宙観です。ヤカン、豚、鶏そしてタライに張った水といった楽器(!?)をあの宇宙観に落とし込んでみました。

3色展開で¥6,000とのことです。よろしくお願いします!(もう1つ別の方がデザインした物がありますのでそちらもよろしくお願いします☆


来日に向けたインタビューは必見ですよ☆
【楽聖・エルメート・パスコアールが、愛弟子5人とともに、2017年新春、6年半ぶりの歓喜の来日!】
total info : www.frue.jp


 ちなみに2010年来日時のデザインはこんなでした。


ついでに“あの世界観”の動画も☆


それでは良い初夢を☆ 

12/31/2016

映画ラクガキと今年観た映画 2016

今年はあんまり描けなかったな。
来年はもっと描けると良いな。






そして2016年はビックフォードさんにも会えた素敵な年でした。The Amazing Mr. Bickford

ここから下はまとめ忘れてた2015年。クーキーも2015年でした。
【落書き】kuky se vrací 映画「クーキー」を観て思ったこと 

 
今年スクリーン鑑賞したのは下記の通り

【新作】黄金のアデーレ(シネマライズ閉館)
クリムゾン・ピーク
イット・フォローズ
パディントン
神様なんかくそくらえ
リザとキツネと恋する死者たち
 
ザ・ウォーク
ブラック・スキャンダル
オデッセイ
 
ディーパンの闘い
レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち〜
美術館を手玉にとった男

マジカル・ガール
アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー
ロブスター
 
サウルの息子
スポットライト

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 
バンクシー・ダズ・ニューヨーク
10 クローバーフィールド・レーン
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
デッドプール
ボーダーライン
神様メール
 
カルテル・ランド
ヴィクトリア
ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン
エクス・マキナ
帰ってきたヒトラー
ロイヤルナイト 英国王女の秘密の外出
ブルックリン

シン・ゴジラ 
シングストリート
ビヨンド・クルーレス
スーサイド・スクワッド
君の名は。
イエスタデイ(試写)
スーパーメンチ 時代をプロデュースした男!
グッバイ、サマー
神聖なる一族24人の娘たち
映画よ、さようなら
エブリバディ・ウォンツ・サム
この世界の片隅に
ブルーに生まれついて
エヴォリューション
 
エルストリー1976

【旧作】 
ジプシーのとき(1988/クストリッツァ/特集上映) 
あやつり糸の世界 第一部・第ニ部(1973/ファスビンダー/日本初劇場公開 
火の馬(1965/パラジャーノフ/特集上映) 
ロアー(1981/ノエル・マーシャル/SXSW TOKYO Screening Week 
スラッカー(1991/リンクレイター/青春映画学園祭/日本初劇場公開 
チリの闘い 三部作(1975-78/パトリシオ・グスマン/日本初劇場公開) 
ホドロフスキーの虹泥棒(1990/ホドロフスキー/日本初劇場公開)

【仮設スクリーン上映】
 
未知との遭遇(野外)

【短編集・映画祭】
 
チャネリング・ウィズ・ミスター・ビックフォード 第1夜、第2夜
Banff Mountain Film Festival(プログラムA/B)
 

「帰ってきたヒトラー」を観た翌日にイギリスのEU離脱の国民投票があり、その後の街頭インタビューで流れる映像とオーバーラップしたり、トランプ次期大統領となって更に排外的な街の声が報じられたりと、国内の雰囲気も相まってなかなかキナ臭さを感じています。数年前からハマっているチリ軍事クーデターモノの集大成的作品「チリの闘い」やメキシコ国境モノ(今年だと「ボーダーライン」「カルテル・ランド」)といった国や思想、正義か悪かという大きな枠組みの中で翻弄される市井の人々と、個人に焦点をあてた「映画よ、さようなら」や「エブリバディ・ウォンツ・サム」で描かれる何気ない日常の愛おしさがまるで相反するもののようでいて、実は同じ地平にあるのだなあ…ということを再認識させられたのが「この世界の片隅に」でした。一つの作品からだけではなく色々と流れで連想ゲーム的に感じる事の出来た一年だったと思います。

instagram #映画ラクガキ
映画館についての雑感と今年観た映画 2015
映画ラクガキと今年観た映画 2014


3/31/2016

John Medeski Tshirt & Poster Design

5年ぶり!待ちに待ったジョン・メデスキ(Medeski Martin & Woodの1/3)来日ツアー。先日のDOMMUNEを皮切りに本日本格スタート!熊本会場、渋谷会場で販売されるツアーTシャツのデザインを担当しました。多分ご本人が描かれているTシャツは初なのではないでしょうか。この機会に是非!
熊本公演当日の本日3/31に現地に届いたとのこと。そんな訳でまだ刷り上がりを見ていないもので・・・画像はイメージです。ボディはGOHEMPのオーガニックコットン、カラーはピスタチオです。

そしてTシャツデザイン提案段階でお蔵入りした素材を組み合わせて、急遽思いつきでポスターも作っちゃいました☆
 
公演詳細はコチラ→ John Medeski Theater Solo de Piano